フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« MacBookとStudio 17を、MMDでベンチマーク | トップページ | トカゲさんがミミズを捕まえて飲み込む動画 »

2010年11月 5日 (金)

MacBookでMikuMikuDance(MMD)する件について

某所で「MacBookでMMDがうまく動かないー」みたいなことを聞かれたので、もしかしたら世の中には他にもそういうことで困ってる人が居るのかな~と思って、記事にしてみる。

うちのMacBookは2008年2月購入のポリカーボネイト白MacBookで、Core Duo 2.2GHz/メモリー4GB/Windows XP pro(SP2)(BootCamp環境)、GPUは積んでないタイプである。
このMacBookでMMDしていた。

PMDEditorでPMDモデルも弄っていたし、
メタセコイアで3Dモデルも作っていたし、
ボカロ(VOCALOID)初音ミクに歌わせていたし、
DominoでMIDIの打ち込みもしていたし、
Audacityで音声の合成もしていたし、
MusicStudio Producerでも音声の合成をしていた(こいつはしょっちゅう落ちるけど)し、
AviUtilで動画編集もしていたし、
Niveで動画の合成もしていたし、
つんでれんこで動画変換もしていたし、
ニコニコ動画へのアップもやっていた・・・

・・・(;´Д`)ハァハァ…こんなもんかな?

要するに全部MacBook上でやっていたわけだ。
特に問題に思うこともなく、ふつーにできていた。

ここで大事なのが「BootCampで使っている」ということらしい。

結論から先に書いておくが、
WindowsとMac OSの間で頻繁にデータのやりとりをする必要がある……という人は別として、MMDやらボカロやらMacBookに負荷のかかる作業をしたいなら、BootCamp環境にしちゃった方がサクサク動いていいですよ、とオススメしたい。たまにキーボード配列がおかしくなって困るけどw

うちのMacBookにも仮想マシン、VM Ware が入っている。その仮想環境下でMMDやボカロ(VOCALOID)を使ってみようとしたこともある。

でも、やっぱり仮想環境は遅いんだよね。
BootCampと使い比べてみて、仮想環境下でMMDやボカロするのは早々に諦めたのだった。

問い合わせいただいた方はMMDからのAVI出力がうまくいかないということだったが、そもそも仮想環境でのMMDの操作性に耐えられずすぐに見切ったので、AVI出力までやったことがない。ボカロも同様で、WAV出力までやったことがないのだった・・・。
早々に諦めたので、今となってはどのくらい遅かったかは覚えてない。(・∀・)

ちなみに。
MMDはバージョン5より7の方が、CPU負荷が少ない。圧倒的に。※ウチの環境だけなのか、他の環境でもそうなのかは不明だけど。

MMD5は操作してなくてもCPUがぶん回る。常に50~60%の負荷を掛けて。
ところがMMD7はそういうことがない。
ウチの環境のせいか知らないけど、こういう結果になる。
MMD5だと、作業を始めて数分で冷却ファンが全開運転!ずーっと回り続ける。壊れちゃうんじゃないかと心配になるくらいw

これがMMD7になって落ち着いた。
そのせいもあるのだろう、操作しててもサクサク動く感じ。おまけにMMD7の方が主線がキレイ。
実際に使っていても、明らかにフレームレートが上がっている。

操作性が上がって画質が上がってCPU負荷が下がって、いままでMMD5を使ってたのはなんなのーって感じw

これを読んでるアナタ、MacBookじゃなくても、いちど両方使って確認してみるといいと思う。
負荷は軽いほうがいいに決まってるんだから。

ということで再び結論だが、
高速な最新機種のMacなら仮想環境でもそれなりの性能が出るかもしれないが、そうでなない機種でMMDとかボカロとかするなら、BootCamp環境を試してみることを勧めたい。
BootCampを使えば、MacBookがPCになるわけだから。

PCになったMacBookは、それなりの性能が出る。
実際、自分はいままでMacBookで十分だったわけだし・・・・・・。

まぁここまで書いておいて申し訳ないが、先日の記事の通り最新PCの威力を知った今、これからのMMD&ボカロ環境はPCに移行するわけだけど・・・うん、ミクのアクティベーション回数もリセットしてもらって新PCにインストールしたし。(;^^)

「なんだよそれ!」って聞こえてきそうだけど、まぁそういうわけだ。
すまない。反省はしてないwヽ(゚∀゚)ノ

« MacBookとStudio 17を、MMDでベンチマーク | トップページ | トカゲさんがミミズを捕まえて飲み込む動画 »

VOCALOID・DTM」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。突然すみません。
記事を参考にさせて頂いています。ありがとうございます。
そして質問させていただきたいことがありコメントさせて頂きました。
この当時にお使いになっていたMac book Airですが、ストレージの容量はどのくらいありましたか?
今度Cora i5 メモリ8GB ストレージSSD256GBのAirを購入予定です。
この環境で問題なく動くのか気になり‥。
そしてもう一点、Boot campで領域のWindowsの割合はどのくらい取られていましたか?
初めましてなのに不躾にすみません。もしよろしければ教えて頂けたらと思います。

先ほど、任意の名前の襴に名前を書き忘れました!
名前も名乗らず申し訳ありません!!
Megumiと申します。
よろしくお願いします。

どうも、こんにちは~(゚∀゚)ノシ

えーと、まず、ウチのはMac book Air ではなく、たぶんAirより前の世代のモノかと思います。
真っ白のポリカーボネイトのヤツです。
このMacBook、既に引退してるので怪しい記憶をたよりにお返事させていただきますが…(;´∀`)

ストレージはHDD装備で、128GBのを 256GBに載せ替えて使ってた・・・ような。
Windowsの領域は80GBだったか、128GBだったか、半分くらい割り当ててたはずです。
(正直、MacとしてよりWindows機として使ってたので(*ノω・*)テヘ)

Air世代なら性能には問題無いでしょうし、BootCampも互換性上がってそうだし、
たぶん、動くんじゃないかなー、たぶん。
「たぶん」としかお答えできないのが申し訳ないですが、たぶん。;^^)

MMD自体はそんなに重くないし・・・まぁ、快適かどうかは、使うモデルやアクセサリの重さ次第ですよね~;^^)

お返事いただけて嬉しいです。しかも凄く細かく教えて頂いて、本当にありがとうございます。
256GBのMac Bookで動いていたと解って凄く参考になりました。とにかく予算的にも256GB以上は載せられないので、どうなんだろう、どうなんだろう、ばっかり考えてしまって^_^;
MMDの推奨PCはゲーミングPCばっかりでてくるし、さすがにあんなにゴツいものを置くスペースはないし、ゲーミングノートは発熱量が物凄いらしいと知ってちょっと心配になったり。
MMDをまだ動かしたこともない私がゲーミングPCを買う勇気が出なくて躊躇していたところに、魔姫★様の記事に出会いました。 救世主のようでした!!(´;Д;`)

結局2012年式のMac book proを購入する予定になったので、MMDがどのくらい動くか確認できたらその時はスペック含め、こちらで報告させて頂いて良いでしょうか?
きっと私のような経緯でこの記事にたどり着いている方が沢山いらっしゃるかと思うので、参考なればと。

Megumiさま、こんにちはー。^^)/
前にも書きましたが、MMD自体は軽いので、まず大丈夫でしょう。
BootCampが「今の代になってWindowsの互換性落ちてる」とか言われると困ってしまいますが、その辺は最近の事情がわからないので・・・
 
MMDや動画作成に慣れてきて、頂点数の多いモデルやアクセサリーや、エフェクトをたくさん使ったり、物理演算を使うようになるとどんどん重くなっちゃうので、そうなると辛くなるかもですが。
 
ゲーミングPCが要るのは、そんな上級者でしょうね~。少なくとも私レベルではそこまでは必要無かったです。
(私は基本、物理演算やエフェクトを使わない人なので;^^)
 
この後の経過や結果を教えていただけるなら、大歓迎ですよ。
こんな所でよければ、どんどん使ってやってください。よろしくお願いします^^)v

PCが手元に届き、MMDを動かしてみることが出来たので、この場をお借りしてご報告させて頂きます。
まず、PCスペックですが、
モデル;Mac Book Pro Retine 15 Mid 2012
CPU;2.3GHz core i7 /4コア
メモリ8GB
グラフィックス intelHD4000とnvidia GT650M
ストレージ容量 SSD256GB

環境1 BootCamp Windows7
➡︎ きしめんオールスターズのベンチマークは60fps
※MMD起動にはグラボのドライバのインストールが必要でした。(nvidiaのサイトから入手)

環境2 Parallels Desktop 仮想マシンWindows7
➡︎ きしめんオールスターズのベンチマークは60fps

どちらも60fpsが出たので他の用途の事もあり、私は環境2のParallelsDesktop上でMMDを使用することにしました。
しかし、やはり多少の差はあるようで、きしめんオールスターズをドラッグ&ドロップでMMDに読み込ませた際の読み込みスピードはboot campの環境の方が早かったですし、画像も綺麗だった気がします。
でも仮想マシンでも、軽いとはいえ9体のモデルを1度に動かすことは私の場合は予定がありませんので、モデル1、2体にいくらかエフェクト使ってもなんとか動くのではないかな、という印象でした。

とりあえずMacユーザーでもこのくらいのスペックのマシンなら60fpsはクリア出来ましたので、MMDをやりたいと思っているMacユーザーの方々の参考になればと思います。

最後になりましたが、魔姫様、この場を貸してくださりありがとうございますm(_ _)m 大分スペース取ってしまい、すみませんでした!

度々すみませんm(_ _)m
自分の書かせてもらったコメントにおかしな部分があったのを発見したので💦
軽いとはいえ9体の〜て部分ですが、おかしな表現になっていてすみません💦軽いとはいえ、というのはタッチミスで入ってしまった言葉です💦全然意味はないです!!
正しくは
でも仮想マシンでも9体のモデルを1度に動かすことは私の場合は予定がありませんので〜ですm(_ _)m

Megumi さま、ご報告ありがとうございます!
無事に動いたようで良かったです。
というか、仮想環境でも60fps出るんですねぇ。
Macメインで使ってる人なら、bootcampでなくても、仮想環境で十分そうですね。^^)

そういえばウチの場合、MMDからの動画書き出しで何か問題あったことがあったような気がしますが、その辺は問題無かったですか?

また何か気づいたら教えてもらえると嬉しいです。
気が向いたら、お気軽に書き込みに来てくださいね。^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557253/49941644

この記事へのトラックバック一覧です: MacBookでMikuMikuDance(MMD)する件について:

« MacBookとStudio 17を、MMDでベンチマーク | トップページ | トカゲさんがミミズを捕まえて飲み込む動画 »