フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« SSDのファーム・アップデート失敗!・・・成功! | トップページ | ぷちブルーインパルスT-4を2012年版に塗り替えた »

2012年6月16日 (土)

今回はカバーだ【初音ミク】「風と少年」(沢田聖子)

沢田聖子さんの「風と少年」です。
動画説明にも書きましたが、1981年の2ndアルバム収録曲らしいです。
元曲も古いけど、MIDIデータも1999年と十分に古いです。

どうやらシングルでは出てない曲らしいので?知ってる人は少ないだろうな・・・

--

曲については、他人様の曲なので語ることは多くありませんが・・・

今回のミクさんは、なんかやけに気持ちよく歌ってくれた気がしてます。PCのOSを入れ直したとか、ボカロを入れ直したとか、環境がスッキリ片づいたせいですねきっとそんなことありませんかそうですか。いやまぁ、元々がえらく気持ちのいい曲だからでしょうけど。
いつものようにミクさんは最低限の調整しかしてないし、きっと曲が(曲に)合ってたんでしょう。
・・・歌い方がヘンなところがあっても、それは仕様です。

今回から音を作る環境(ソフト)が変わりました。音を作るというか調整するというか合成するソフト・・・DAWっていうの?
市販のソフトになりました。MusicMaker MXです。だいぶ前に買ったんだけど、途中ヒコーキブームがあって使ってませんでした。このソフトについてはいずれ別記事で語りたい予定です。

あと、今回は音を作る方法も変えてみました。
いつも、音源からの出力は「全楽器まとめて」だったのを、今回は楽器毎にバラバラに録音して取り込みました・・・たぶん、これが本来のやり方なんだろうなぁ。
ベース、ドラム、エレピ、アコギ、エレキ、コーラス、etc・・・計10トラックになりました。
↓こんなふうな画面になります。
10

11トラックあるように見えるけど、一番上はミクさんです。

でもこれね、10回録音しなきゃいけないってことですよ?
曲が5分半で、早送りとかできないので、録音するだけで1時間かかるんですよ。
めんどくせーです。
たぶん、音楽メインでやってる人は普通にこういうことしてるんだろうけど、、、てゆーか、最初からDAW上で作っていれば、こんな作業は必要ないわけなんだけども。

こうやって別々に取り込むと楽器毎に調整できるんで、確実に音は良く・・・・・・・・良くなってもたいして変わらないのがシロートなんですけどね~。
(厳密には、「たいふ~のうた2010」でこの方法を一度やったんだけど・・・あの時は音作りについて今以上に何も知らなすぎて、何の役にも立たなかったwww)

たいがい出来上がってから、数年ぶりに元曲を聴いたら(ほぼ想像で作ったという意味であるw)、だいぶ歌い方が違うことに気づく。記憶なんてこんなものかーw
ということで、歌い方はほぼ元曲を無視してミクさんオリジナルになっています。

・・・けっこう語ったな。(;^ω^)

--

そして映像。

今回、カメラだけが動きます。
キャラは動きません動きません。
あんまり遊ぶこともしませんでした。つまんないかもしれません。いやつまんないでしょう。

他人様の曲だからあんまりムチャできないし、わりとイメージで書かれてるっぽいし、正直こういう歌詞はどう映像にしていいのかわからないので苦手です。柄やパターンで画面を作るのもよくわからないし。
仕方がないのでMMD使って、静止画メインになります。「笑顔が好きだから」もそうでした。

・・・こんな映像だけど、今回もいろいろ作りました。

今回は歌が「丘の上の小さなチャペル~」で始まるので教会が欲しかったのです。
適当な教会の3Dモデルを捜したけど、見つかったのは豪華過ぎて「合わないな」と思ったので、やっぱり自力で作りました。

3
2_3

建物は楽です。基本的に直線で構成されているので、それっぽく箱(直方体)を並べれば出来上がります。
面倒だったといえば窓の部分だけど、この辺のやり方はU-125Aを作る時に体得済みなので、今となっては「面倒」ではあるけど「難し」くはないので無問題。

最初は外側だけ作るつもりでした。
気が付いたら、中も作ってました。不思議です。

面白く仕上がったなと思うのは「ステンドグラス」。
最初はその辺から拾ってこようと思ってたけど、どれもいまいちイメージが合わないのと、うまい角度で写ってるものが無かったので、これまた自作。
「ステンドグラス風の模様」だけでいいかと思ったけど、どうせなのでMMDに付いてくる全員+はちゅね&たこルカを使ってみました。みんな元は歌い手さんなので(「元は」ってことないかw)、歌ってるぽいポーズを付けてみた。
男衆は・・・適当にネタ込みでw

作ってたら「燭台のローソクが灯せてもいいかなぁ」と思ってしまったので、ローソクはAutoLuminous対応。表情パネルで点灯/消灯できるようにしました。
ローソク3本の燭台は燭台1台ごと、正面のローソク7本の燭台はローソク1本ずつ、点灯・消灯できるという超絶無駄仕様。
結局使わなかったしw、他の動画に使う予定もないのに何やってんでしょう。

懺悔室も装備しています。入り口左にある物置みたいなのがそうです。
祈りなさい。
祈っても何も出ませんが。

樹木が手抜きに見えるかもしれないけど、リアルにしたくなくて、こういう雰囲気にしたくて、わざとです。ええ、リアルなのは作れませんし。

あんまり新しいキャラを使わない主義だけど、今回は「ちびレン」(http://www.nicovideo.jp/watch/sm8564557)をお借りしました。
「澄んだ瞳をしてた」って歌詞に、ノーマルのレン君は・・・無いですからねぇ(;^ω^)・・・ウチのレン君はもう戻れないとこまで行っちゃってるしww

あと、カブトムシを作りました。ゴキブリとちげーよ!?
所要時間2時間弱のお手軽作品だけど、リアルにできました。
動かす必要性を感じなかったので動きませんが。
「デカイ!」って言われるんだろうけど、わざと大きくしました。ちっちゃいと画面じゃ見えないじゃん?それこそゴキブリに見えるじゃん?
それに、カブトムシは大きい方が嬉しいでしょう?
ツノが3本ある南国のカブトムシにしようかとも思ったんだけど、そこまでネタに走るのもいかがなものかという判断に基づき自粛しました。外来カブトに特に思い入れもないし。

あとは・・・そうだなぁ、
ディフュージョンのエフェクトを借りて使ってみました。これ使うと画面が暗くなっちゃう気がする…。
あと点光源(PostPointLight)のエフェクトも借りました。これは・・・光源としてよりも、影になってのっぺりしてしまう部分に有効な気がする・・・という使い方なので、使ってる部分に気づかれないだろうなぁ。例えば2番の最後、鐘の立体感を出すために使ってます。

あと、そうそう。
MMDの照明パネル、スライダーで調整する以外に、直接数字を入力できるということを初めて知った。どうりでスライダーで調整しても真っ暗にならないわけだ。。。

・・・ということで、さっぱり動かない動画だけど、それでも今回はイロイロ勉強になったんでした。オレ得オレ得。

--

後から調べたら「教会とチャペルは違う」ということで軽く目眩に襲われましたが、よくよく読んでみれば違うのは建物ではなく、その成り立ちというか使途というかそういったものらしいので、建物自体はどうでもいいんでしょう。よくわかりませんが。違ってたらやんわり指摘してくれるといいです。・・・直さないけど。

十字架が付いてれば、あとは
「教会だ!」って言い張ればいいんでしょう?(;^ω^)

・・・「もしかして、チャペルには懺悔室なんか無いんじゃね?」と思うんだけど、どうなんだろう。

--

最後に、動画じゃあんまり見えないステンドグラスになってる画像を並べておきましょう。
1
2_9
3_5

・・・なんか、教会の建物が主役の動画になったなーw

« SSDのファーム・アップデート失敗!・・・成功! | トップページ | ぷちブルーインパルスT-4を2012年版に塗り替えた »

VOCALOID・DTM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557253/54976760

この記事へのトラックバック一覧です: 今回はカバーだ【初音ミク】「風と少年」(沢田聖子):

« SSDのファーム・アップデート失敗!・・・成功! | トップページ | ぷちブルーインパルスT-4を2012年版に塗り替えた »